豊中市 服部天神 美容室 C’ESTLAVIE*FUU (セラヴィフー)

記事

秋は○○の季節

こんにちは。 秋になり気持ちの良い日が多くなりましたね。

芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋など、色々とやりやすい季節なのですが、

もう一つご紹介したいのが、「抜け毛の秋」なのです。 秋は、頭皮にとっては夏の疲れが出て抜け毛が多くなる季節なのです。

生え変わりの時期でもあるので、日頃の食事や生活習慣を見直す良い機会でもあります。

そんな抜け毛の気になる季節にオススメのシャワー方法のご紹介です。

◎ 1:朝シャンはしない 「目が覚めるから」という理由で仕事前に朝シャンをしていく人も多いはず。ところがこの「朝シャン」は、頭皮にとって大敵です。清潔に洗っているつもりでも、時間のない朝は洗い残しなどで、頭皮の毛穴を汚しっぱなしということも。また、シャンプーをしたあと、地肌からは脂分が分泌されていきます。これは髪の毛を守るための「庇護膜」になりますが、この「庇護膜」が準備できていない状態で紫外線を浴びてしまうと、頭皮が乾燥して傷ついてしまいます。朝シャンはせずに、その日の汚れがたまった夜にゆっくりと洗髪するのがベスト。

◎ 2:洗髪前にブラッシング お風呂に入ってすぐに水で髪の毛を濡らす人も多いのではないでしょうか?薄毛予防には「入浴前のブラッシング」は欠かせません。面倒に感じますが、実はこのひと手間はとっても重要。シャンプーをする前にブラッシングをすることで、頭皮についていた汚れが浮き、頭皮を傷つけずに洗い流しやすくなります。また、髪の毛をとかすことで頭の血行もよくなり、軽い頭皮マッサージと同じ効果もあるんだとか。浴場にシャンプー前のブラッシング用ブラシを置いておくと、忘れずにすみそうですね。

豊中 服部天神 美容室 美容院 C’ESTLAVIE*FUU (セラヴィフー)

◎ 3:水でよくすすぐ 髪をブラッシングしたあとは、髪の毛にシャンプーをつける前によく水ですすぎましょう。髪の毛の全体のうちの70%の汚れは、この水洗いだけで落ちると言われています。このとき、「髪の毛」ではなく「頭皮」を中心に、指の腹でマッサージするようにすすぎましょう。

◎ 4:シャンプーは手で泡立てる シャンプーで髪を洗うとき、液体のソープを直接髪の毛につけてから泡立てていませんか?原液のままつけてしまうと液がべったりと頭皮についてしまい、洗い残しの原因にもなります。シャンプーはつける前に手のひらで軽く泡立ててから、髪の毛に乗せるようにしてください。シャンプーをすすぐ時間の目安はだいたい3~5分ほど。シャンプーのぬるつきがとれても成分はまだ頭皮に残っているので、時間をかけてきちんと洗い流しましょう。

◎ 5:髪をきちんと乾かす 洗髪を終えたら、根本からがっつりとドライヤーで乾かしましょう。自然乾燥だと根本まで乾くのに時間がかかり、髪の毛を傷める原因に繋がります。生乾きのまま眠ってしまうと、枕などで髪がこすれ、根本が引っ張られてしまうなど抜け毛の原因にもなります。毛先のほうまでしっかりと乾かしてくださいね。ドライヤーの熱風で髪の毛を傷めたり、乾燥させてしまうこともあります。だいたい20cmほど離した場所から、1カ所にとどまらず全体にドライヤーをかけましょう。 以上です。

皆様も出来る所から少しずつやってみて下さい。

またこの季節は、ベッドスパなどもいつもよりかなり有効になります。 お店では、お客様1人1人に合わせたオーガニックベッドスパをご用意しております。 種類やメニューも様々ご用意しておりますので、是非気軽にご相談下さい。 IMG_1326.JPG

豊中 美容室 C’ESTLAVIE*FUU (セラヴィフー)

 

2014-10-03 | Posted in 記事Comments Closed