豊中市 服部天神 美容室 C’ESTLAVIE*FUU (セラヴィフー)

記事

髪のツヤについてのお話し

以前と比べて、髪にツヤがなくなったと感じることはありませんか?

見落としがちですが、肌と同様に髪も年齢とともに変化していくもの。

何も対策をしていないと、気づいたときには魅力のないパサパサ髪になってしまっているかもしれません。

■髪のツヤが失われていく理由 一本の髪はとても細いものですが、その内部は3つの組織で構成されています。髪の一番外側を覆っているキューティクル、髪の中心部分のメデュラ、その間を埋めているコルテックスの3つです。 髪にツヤがなくなったり、広がったり、うねったりするのは、内部物質の割合の変化が原因。髪の内部の組織のことなので、ツヤを同じ状態で維持するのは難しいことです。でも何もしないで放っておくと、ツヤはなくなる一方 では、具体的にツヤ髪を保つためにやるべきことを3つお伝えします。

■ツヤ髪を維持する3つのテク

(1)髪の内部補修のトリートメント CMや商品のイメージで買ってしまいがちなトリートメント。ツヤのないパサパサ髪を回避するには、髪の内部をしっかり補修できるトリートメントを使い、髪の内部に栄養を入れて、髪の芯から強くしていくことが重要。その後に、ツヤを出すトリートメントをしてあげるとより効果的です。一度、使用するトリートメントを見直してみましょう。

豊中 服部天神 美容室 美容院 C’ESTLAVIE*FUU (セラヴィフー)

(2)アウトバスのオイル系トリートメントを使用 シャンプーの後だけでなく、お風呂から上がった後にもトリートメントをしましょう。自分にあったオイルを使うことが重要。適量のオイル系トリートメントを、ドライヤーで乾かす前につけて、その後乾かしてください。 それでも髪が乾燥する場合は、乾いた後も髪に少量オイルをつけ、アウトバストリートメントをすることによって、ツヤはもちろん、髪がからまなくなり、枝毛、切れ毛の予防にもなります。まとまりやすい髪にもなりますよ

(3)暖色系のカラーリングでツヤ感アップ 髪のツヤ感を出すには、カラーリングのチョイスも重要。暖色系のカラーは、髪をツヤっぽく見せてくれ、さらにはお肌もキレイに見せてくれます。暖色系とはブラウン系、ピンク系、レッド系、オレンジ系のカラー。赤みの嫌いな方は、寒色系のカラーに少し暖色系のカラーを混ぜてあげると、チャレンジしやすいですよ。 髪の状態を把握してカット、カラー、パーマをすることがツヤ髪を守る基本。 いつでもご相談ください。

20140502-184832.jpg

2014-05-02 | Posted in 記事Comments Closed